著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

佐野直子
さの・なおこ

1970年東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、名古屋市立大学大学院人間文化研究科准教授。専門は社会言語学、多言語社会・少数言語研究(特にオクシタン語研究)。主要著作に『オック語分類単語集』(大学書林、2007年)、『Una lenga en chamin / Una lingua in cammino / A language on the way / 途上の言語――イタリア・オクシタン谷への旅』(Italia: Chambra d'Oc, 2008)、『たちあがる言語・ナワト語――エルサルバドルにおける言語復興運動』(共著、グローバル社会を歩く研究会、2012年)、『海士伝3 海士に根ざす――聞き書き しごとでつながる島』(共編、グローバル社会を歩く研究会、2015年)など。(2015年6月現在)

 

佐野直子の書籍一覧]

 

[単著]

シリーズ「知のまなざし」
社会言語学のまなざし

[著者]佐野直子

さまざまな「話すという事実」において、何がおきているのか。──
「社会言語学のまなざし」には、実際にことばを使っている「話者」のありかたと、その「ことば」が実際に使われているそれぞれの「社会」のありかたが、つねに含まれている。ことばが使われる現場とそこにいる「話者」を徹底してまなざし、そこにあらわれる「ことば」の多様な姿を、多様な形で記述することで見えてくるものとは。

定価=本体 1,600円+税
2015年6月10日B6判並製/184頁/ISBN978-4-88303-384-3

 

[共著]

ことばと社会 19号
特集:ことばの商品化

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,300円+税
2017年10月20日
A5判並製/268頁/ISBN978-4-88303-448-2

多言語主義再考

多言語状況の比較研究

[編者]砂野幸稔

「多言語主義(multilingualism)」は、本当に普遍的な価値たり得るのか。現代世界において「言語」はどのような問題の場としてあらわれているのか、世界各地域の多言語状況から問いかえす。「言語問題」とは、「言語」の問題ではなく、「人間」の問題なのである。

定価=本体 8,500円+税
2012年3月25日A5判並製/756頁/ISBN978-4-88303- 310-2

ことばと社会 10号
特集:社会言語学再考

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,300円+税
2007年6月30日
A5判並製/262頁/ISBN978-4-88303-187-0

ことばと社会 9号
特集:バイリテラシー

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,200円+税
2005年12月25日/A5判並製/206頁/ ISBN978-4-88303-167-2

 


[翻訳]
言語戦争と言語政策

[著者]ルイ=ジャン・カルヴェ
[訳者]砂野幸稔今井勉西山教行+佐野直子+中力えり

欧米型「多言語主義」があたかもアプリオリに肯定的な価値として称揚される現在、言語について語ることの政治性と世界の多言語性が孕む緊張を鋭く描き出し、そうした自明性そのものに、あらたな問い直しをせまる社会言語学の「古典」。

定価=本体 3,500円+税
2010年4月30日/
A5判上製/308頁/ISBN978-4-88303-267-9

ことばと社会 8号
特集:地域語発展のために

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,200円+税
2004年11月15日/A5判並製/180頁/ISBN978-4-88303-136-8

 

ヨーロッパの多言語主義はどこまできたか
ことばと社会 別冊1

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,200円+税
2004年2月20日/A5判並製/182頁/ISBN978-4-88303-110-8


[書評]
ことばと社会1号
特集:地名の政治言語学

[編]『ことばと社会』編集委員会

 

定価=本体 2,200円+税
1999年5月20日/A5判並製/219頁/ISBN978-4-88303-057-6

 


HOME