著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

新関伸也
にいぜき・しんや

1959年山形県生。滋賀大学教育学部・教授(美術科教育)。岩手大学教育学部特別教科(美術・工芸)教員養成課程卒業。山形大学大学院教育学研究科修了。神奈川県・山形県公立中学校教諭(美術科)、滋賀大学教育学部助教授を経て現職。編著書に東山明監修・新関伸也編『中学校美術科ワークショップ2――立体造形・総合造形編』(編著、明治図書、2002)、新関伸也・人見和宏著『マルチメディアで広げる美術の授業』(編著、明治図書、2003)、竹内博・長町充家・春日明夫・村田利裕編『アート教育を学ぶ人のために』(共著、世界思想社、2005)、宮脇理監修・天形健・山口喜雄編『ベーシック造形技法――図画工作・美術の基礎的表現と鑑賞』(共著、建帛社、2006)。(2008年9月現在)

 

新関伸也の書籍一覧]

日本美術101鑑賞ガイドブック
西洋美術101鑑賞ガイドブック

[編著者]神林恒道+新関伸也

見ることから始まる、名作101選の味わい方。
辞書も事典も、専門知識もいりません。肩ひじ張らずに、まず「見る」ことから始めましょう。これが芸術鑑賞の第一歩です。 面白いと感じたら、なぜかと思います。 これにこたえるレシピが、本書の作品解説です。 「なにが描かれているのか」「その見どころ」「その位置づけ」というふうに、 段階を追って味わいが深まります。

各 定価=本体 2,800円+税
日本美術:2008年7月30日/A5判並製/236頁/ISBN978-4-88303-228-0
西洋美術:2008年9月30日/A5判並製/240頁/ISBN978-4-88303-229-7


HOME