著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

森山幹弘
もりやま・みきひろ

南山大学国際教養学部教授、インドネシアの文学・文化史。主要な著作:共編著『教科書 インドネシア語』(めこん、 2003 年) Sundanese Print Culture and Modernity in 19 th Century West Java (NUS Press, 2005 年)、 共編著『多言語社会インドネシアー変わりゆく国語、地方語、外国語の諸相』(めこん、 2009 年) , 「インドネシアにおける多言語状況と『言語政策』」(砂野幸稔編『多言語主義再考:多言語状況の比較研究』三元社、 2012 年)、共編著 Words in Motion: Language and Discourse in Post-New Order Indonesia (NUS Press, 2012 年)、「アイデンティティの拠り所」(鏡味治也編『民族大国インドネシア』木犀社 , 2012 年)、『森山式 インドネシア語単語頻度順 3535 』(めこん、 2009 年)。

 

[森山幹弘の書籍一覧]

ワークブック インドネシア語 第1巻

[著者]森山幹弘+柏村彰夫稲垣和也

全 3 巻でインドネシア語をマスター。
インドネシア語を正確に理解し、読みこなし、話すために基礎文法から本気できちんと学びたい人のための入門書。

ワークブック インドネシア語/01巻/解答集.pdf

定価=本体 1,400円+税
2018年4月20日
B5判並製/96頁/ISBN978-4-88303-458-1


HOME