著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

東村岳史
ひがしむら・たけし

1963年北海道帯広市生まれ。 名古屋大学大学院国際開発研究科博士後期過程中退。 現在同研究科教員。(2006年5月現在)

 

[東村岳史の書籍一覧]

戦後期アイヌ民族-和人関係史序説
1940年代後半から1960年代後半まで

[著者]東村岳史

アイヌ民族と和人の新たな歴史記述に向けて――
アイヌ近現代史においてもっとも記録の蓄積が薄かった戦後1940年代後半から60年代後半までを、アイヌ民族―和人関係史という枠組み設定により多面的に叙述するはじめての試み。 戦後20数年間の歴史が現在へと架橋される。

定価=本体 3,600円+税
2006年5月20日/A5判上製/360頁/ISBN978-4-88303-180-1

HOME